2017年5月13日土曜日

黄金期間


 ゴールデンウィークは、メーデー、憲法記念日の集会パレード、東区での野党そろっての宣伝に参加し、あい間にタイヤ交換、寒くてタイミングをのがしていた衣替えを行いました。

 丸一日あいていた日に、札幌近郊の知人宅を初めて訪ねました。
 札幌市を抜け出した頃、友人がもってきた地図をみるとそれは住所もなく、知人宅らしきところにゴ~ルの文字と旗が書かれた謎解きのような手書きの地図でした。\(◎o◎)/!
 確認もせず、スタートした無防備な自分たちに大笑いしながら予定の倍以上かかり、到着地点にはホントに旗が立っていました。
 野山を歩き、ゆっくりくつろいだゴールデンな一日でした。

 一方、安倍政権は、ゴールデンウィーク中に米軍の要請を受け、稲田防衛相の命令で、海上自衛隊への空母「いずも」が安保法制に基づき米韓防護の任務を実施しました。その後、首相は「憲法9条に自衛隊を明記した新憲法を2020年に施行したい」と発言、いよいよ海外で無制限に武力行使できるようにしようとしています。

 これから衆参で予算委員会が開かれます。
 私もリフレッシュした頭と体で、平和憲法守る綱引き、負けませんよ!!

2017年4月30日日曜日

木を見て森を見ない



 本が好きです。

 頭が疲れてくると、帰宅途中、駆け足で本屋さんの中を一周、気にいった本を1・2冊購入します。その本が大抵おもしろいのです。
最近では「ことわざ生活こっち編」がおもしろい。「木を見て森を見ないー細部に気をとられ全体を見ようとしないー。たしかに全体を見ることは大切。・・たとえば・・」と続きます。そして、定期購読している雑誌にも興味深い記事がありました。

 日本は、GDP(国民総生産)世界第3位、豊かな国と言われてきました。しかし相対貧困率ではOECD24ヵ国中、メキシコ、アメリカ、トルコ、アイルランドに次ぎ、日本は5番目。貧困率上位の国になっており、国連の「人間の豊かさ」を図るHDI(人間開発指数)で日本は20位です。それでは、国連がいう豊かさとは?「良い教育をうけているか、人間らしい生活ができる収入を得ているか、どのくらい健康で長生きできるか」が、豊かな生活ができる指標だそうです。
そうすると安倍政権は、基礎年金を下げ、非正規労働者を増やし、教育費の負担は重く、受診を我慢する人が増え「人間の豊かさ」を支える社会とは、まったく逆を向いていることがわかります。

 私はたくさんの方と出会いますが、自分の暮らしが大変になれば、もっと大変な弱い立場の人を非難してしまうこともあるようです。しかし、それが社会保障を改悪する口実に使われてきた一面もあると思います。「この生き苦しさは何か」と感じている人は多いはず。   
一本の木が手を繋げば森になる。

 なんて、考える読書タイムでした。

 東区民報 かけあるきより

2017年3月1日水曜日

今朝は✨


今朝はキラキラしている
車の窓についた氷の粒も、道路脇の雪も
気温が低いけれど、晴天だからでしょう
いつもより、通学途中の小学生が多いわ と、思い
車の時計をみると....
私の出発が30分早かった(^^; という...
損したような
得したような
コンビニの温かい紅茶で、お得な気分にします


2017年2月25日土曜日

補正予算


「もう一度だけ、申し込んでみたい」。10年以上、市営住宅を申し込み続けている女性の言葉です。病気が悪化し引っ越しせざるを得ないのですが、これからの暮らしを考えたら市営住宅に入りたいのです。

私は昨年、第3回定例市議会の委員会で2000年からの市営住宅が建替え事業で、97棟1264戸減っていることを明らかにしました。2014年募集では、22年以上申し込み続けた131人中、当選はわずか9人。「何年も空き家になっているところがあり、空いているなら入りたい」と希望する声はたくさんあり、せめて減らした戸数は建てて入居者を増やすよう求めました。

現在出されている補正予算案に、2016年度予算14億円だった市営住宅運営管理費に5億円の補正が組まれました。「市住空き家の修繕を積極的に行い、毎年800戸ほどの募集計画を900戸にし、入居者を増やして家賃収入を得たい」と説明しています。

市住の空き家は現在、事故物件・建替えのための政策空き家を除き、1260戸あります。全て修繕し入居できるようになると、家賃収入は約3億円増えます。この分野に税金を使うことは、市民は低廉な家賃で住まいを確保でき、市の収入が増え、修繕の仕事も生まれる、一石三鳥です。

一方、2017年度予算の概要では「公有財産の戦略的な活用」に、市住余剰地の売却が含まれており、建替え事業で戸数を減らし、余剰地をつくることは計画的に行うとみられます。

2月21日から始まる予算議会の準備に力が入る日々です。

<東区民報より>

2017年2月3日金曜日

報道する力



新年、おしゃれをしたので
記念にパチリ
『メリル・ストリープ』 ニュージャージー州で生まれ育った女優さんです。

1月、米ゴールデン・グローブ賞を受賞しました。彼女はこの授賞式で「選挙中、障がいを持つ記者の真似をしたトランプ氏の演技に、あぜんとした」という内容のスピーチを始めました。

「権力者が公の場で他者をばかにしようとする衝動に身をゆだねてしまえば、あらゆる人たちの生活に波及し、人々に同じことをしてもいいと、許可を与えることになるのです。
侮辱は侮辱を招き、暴力は暴力をあおります。権力者が立場を利用して他人をいじめれば、私たちはみな負けるのです」。

世界が注目する授賞式でのスピーチですから、すぐ世界に発信され、私も知ることになりました。

スピーチの最後は「私たちには、報道する力を持ち、どんな横暴に対しても厳しく批判する信念を持った記者が必要です。だからこそ、建国者たちは報道の自由を憲法に定めたのです」と、報道機関を支えなければならないと訴えました。

共謀罪を国会に提出したい安倍首相は、日米首脳電話会談で、トランプ氏の姿勢に言及することなく「期待する」と持ち上げました。権力を乱用して人権を弾圧し戦争が始まる、この歴史を繰り返さないため、創刊89年のしんぶん赤旗の役割を、この時代だからこそ改めてかみしめています。

<東区民報より>

2017年1月17日火曜日

感動の新年


新年、新たな発見が二つありました。
酉年の「酉」は、さんずいが付くと「酒」になります。収穫した果実を熟成させ酒をつくる、奉仕と実りの意味があると知りました。

もう一つは、今までも東区で何度かお目にかかりお話しをしたことがある人達との新たな対話です。
「初めて言うけれど、自分は自衛隊を定年退職している。今、自衛隊が南スーダンにPKO派遣されているが、撤退すべきだ。自分も何かしなければと思っている」という男性。
別のお宅では「心配なのは憲法9条が変えられること。自衛官の母が子どもと縁を切ってまで、南スーダンPKO派遣の差し止め訴訟を決意したことを知り、自分も集会に参加し応援する」とのことでした。
どちらも、怒りを今度は行動へというお話しでした。

労働組合の旗びらきは、昨年(2016年)12月、26年間たたかい続けてきた北海道労働委員会労働者委員の偏向任命を是正させ、道労連副議長が労働者委員に任命されるという画期的な前進を切り開き開催されました。

私も感動を持って参加させていただきました。このどれもが安倍政権がいよいよ最終章になっており、市民の側に安倍政権を退陣に追い込む力が湧いていることを感じました。今年は、怒りを要求に熟成させ、夜明けを告げる酉年にしたいと決意を強めました。



<東区民報より>

2017年1月15日日曜日

酉年生まれです



議会に送っていただいてまもなく2年、立候補の決意をした時から数えると約11年になろうとしています。気が付けば今年は「年女」。
月刊「財界さっぽろ新年号」に、年男の市議会議員のみなさんと写真を載せていただきました。

札幌は、若者の道外転出が増えており、JRの鉄路が減る状況で今後、道内から転入する若者は見込めません。本市の未来創生アクションは「安定した雇用を生み出す、結婚・出産・子育てを支える環境つくり」を目標にしています。実のあるプランになるよう頑張ってまいります。

2016年10月30日日曜日

ひとときのお愉しみ


いよいよ明日で、第3回定例会が終わります。
10月は、委員会準備などのため毎週日曜日、議員みんなで集まり市役所で仕事をしました。
日曜日は、出勤前に東区のパンやさんでお昼用のパンを買ってきます。
毎週 朝一番のお客さんだったと思います。
今日のパンは、ハロウィン 今日も美味しかったです。
実はみんなで食べようと思い、レーズンパンを買ってありますが、
明日のお楽しみhttps://www.facebook.com/images/emoji.php/v6/fdb/1/16/1f35e.png🍞
さぁ 今日は早めに帰れそうです。



2016年10月13日木曜日

すっかり冬の気配


今朝の宣伝に、Kさんから差し入れ

暖かい飲み物 ではなくて、暖かい手袋

どっピンク (゚o゚;

お揃いの手袋で、ホッコリ(^ー^* )宣伝終了

2016年10月12日水曜日

ご褒美の日差しかな・・・。




事務所で仕事中
あまりうまくいかなくて・・・

ふぅ ひとやすみ

きれいなステンドグラスが温かいおひさまにてらされ、
床まできれい

さぁもう少しがんんばろう~

2016年9月26日月曜日

\(^O^) ピース (^O^)/


しんぶん赤旗 読者の集いに参加しました。

始まる前にちょっとだけ記念撮影

2016年9月23日金曜日

寒くなってきました。

銭湯の大きなお風呂でゆっくりしたいものです。

札幌市の「高齢者健康入浴推進事業」があることをご存じでしょうか。

札幌浴場組合加盟の公衆浴場において、血圧測定や指導員による健康入浴体操・レクリエーションなどを行い、入浴するというものです。

65歳以上の方が対象で事前申し込みが必要、実施時間は12時半から14時半まで。入浴も含め100円で参加できます。東区での9月の後半予定は、26日(月)北光湯(北10東4)・28日(水)美香保湯(北17東8)です。






本市は高齢者の転倒や介護防止、閉じこもり防止のための健康体操と位置付けています。
健康で銭湯に通えるよう予防は大事なことです。

しかし来年度から、介護保険の「予防」の分野が変わります。
介護保険法改正に伴い札幌市は来年度から、介護保険から外された「要支援1・2の認定を受けている方」と、「要支援に相当する方」のサービスを「介護予防・日常生活支援総合事業」へ移行します。

本市は、来年度も現行相当のサービスを受けられるといいますが、出された計画案で試算しますと、事業所運営はかなり厳しくなることがわかります。

現行相当のサービスを維持するためには、事業所への報酬も現行相当でなければ成り立ちません。

9月21日から始まる第3回定例市議会で、しっかり議論するため準備をしています。

<かけある記より抜粋>


2016年9月3日土曜日

小さな畑から



太田秀子さんの写真

朝宣伝のあと、我が家の小さい畑から収穫
これほど、きゅうりを食べた夏はない!
容赦なく大きくなるきゅうり 
取り忘れると、ギャッ(^-^;っというほど、大きくなりますね
先日の収穫分と合わせて、色んな料理に変身したので
冷蔵庫に入れて、出勤しましょ。

2016年8月11日木曜日

東区内町内お祭り散策!

暑い夏真っ盛り、東区内各地域で夏祭りがありました。

お祭りは、舞台から挨拶をしたり、地域の方々と直接会い要望を聞いたり、思いがけない方と会い楽しいひと時です。


美香保公園


伏古ふれあい祭り


伏古ふれあい祭りでみつけたたまねぎクッキー


抽選券つきのうちわ魅力的

2016年7月12日火曜日

参議院選挙3議席から6議席へ倍増

 

参議院選挙での「日本共産党」と「森つねと」候補へのご支援ありがとうございました。

 安倍首相は、選挙中改憲についていっさい語りませんでしたが、選挙直後「自民党はそもそも憲法を変えると言っている訳で、今後憲法審査会で議論していく」と発言しています。改憲勢力の議席が多数を取ったとはいえ、国民が白紙委任したものではありません。

 みなさんのお力で、日本共産党は改選3議席を6議席に倍増していただきました。

 当選した「いわぶち友」さんは国会の中で、残念ながら議席に届かなかった「森つねと」さんは、国会の外でみなさんと共に改憲を許さない闘いに全力を尽くします。

 ひきつづき力を合わせていただけますよう、よろしくお願いします。

2016年6月12日日曜日

厚生委員



 私は、今期厚生委員になりました。第2回定例市議会では厚生委員会に付託された「国民健康保険条例の一部を改正する条例案」について質問、6月3日の本会議では19件中3件に反対、16件に賛成する立場で討論を行いました。

 国保の条例案は、日本共産党以外賛成多数で可決され、これにより3年連続で賦課限度額(国保料の最高額)が4万円引きあがることになりました。賦課限度額の決め方は、国保加入者の、例えば所得の一番高い世帯から下に数えて、今年は1.36%の世帯に設定されています。その中には、上は所得5億5千万と、下は年金収入約822万円が含まれており、国保料は同じ89万円の国保料となります。

 中間所得世帯は、1年間でわずか千円から多くて6千円の負担軽減になりますが、すべての年金世帯は値上げになりました。賦課限度を上げ中間所得層の負担を減らすという制度改正が、負担増世帯は毎年連続で負担が増え、中間所得の軽減にもほとんどつながらないことが質問で明らかになりました。

 ほとんどの世帯が収入の1割を超える負担率です。高い国保料を引き下げてほしいという願いに答えるために札幌市がやるべきことは、一般会計から国保会計への繰り入れは平均保険料の据え置きではなく、国保料引き下げのために使うべきなのです。

<かけある記より>

2016年5月22日日曜日

貧困と格差


 タックスヘイブンの実態を明らかにした「パナマ文書」。所得税、法人税などの税率が際立って低いか無税の国に、法人を設立して資産を移し課税を逃れるものです。日本の企業と個人400以上が含まれていました。

 タックスヘイブンに隠されている世界の富は、日本円で推定2310兆から3520兆円にもなります。重税にあえぐ一般国民をしり目に、大企業や富裕層が海外などに資産や所得を持ち出し、まともに税金を納めなければ、国の財政は成り立ちません。まさに格差と貧困の増幅装置です。堀江貴文氏は、タックスヘイブンを「節税だ」と言いますが、情報は秘密にされ実態も明らかにされていないのです。こんな税逃れを「合法」にしている自体大問題です。

 私は、第二回定例会の代表質問での「子どもの貧困問題」の質問を作っています。

 安倍政権発足の2012年からわずか3年間で「暮らすのがやっとで貯えなんかできない」「所得や年金が少なく貯えを崩してきた」という貯蓄ゼロ世帯が470万世帯増え全世帯の3分の1にあたる1890万世帯になっています。連合総研の調査で、非正規労働者の2割の世帯が「生活苦で食事回数を減らしたことがある」と答え、親の低賃金や労働条件の悪さが、子どもの生活に影響を与えています。国際援助団体オックスファムの試算では、毎年18兆円あれば、約1億5千万人の子どもの医療制度を整備できるのです。

 不正を許さず、税金の再配分を通じて格差を是正する正しい税のあり方にしなければなりません。

2016年5月17日火曜日

次は、森つねとさん


 4月24日投開票で行われた北海道衆院選5区補欠選挙は、野党と市民が共闘した全国初の選挙でした。

 東苗穂・東雁来の皆さんにも、国道275号線で朝出勤のドライバーに向け、「投票へ行こう」のプラカードを持ってスタンディングをしていただきました。

 池田まきさんは、残念ながら議席は取れませんでしたが、自民党有利、保守の地盤と言われる5区で大接戦の闘いをし僅差まで迫ったことに、政府与党側は強い危機感を抱いている事でしょう。

 野党と市民が力を合わせれば、安部政権を倒す事が出来る希望が持てる選挙でした。

 7月の参議院選挙は、全国の1人区で野党共闘していきます。北海道は3人区です。共産党は「森つねと」候補にがんばります。

2016年4月20日水曜日

政治姿勢



 第1回定例市議会が終わりました。

 日本共産党市議団は本会議で、議案12件に反対、24件に賛成の立場で討論を行いました。 札幌市議会7会派中、日本共産党は大きい順から第4会派です。3つの大会派は討論で、議案すべてに賛成しました。

 委員会では、3会派の議員が、それぞれ労働者の問題や生活弱者の問題など「こんな劣悪な働き方でいいのか」「受益者負担でいいのか」と質問した場面があり「素晴らしい質問だなあ」と思ったことがいくつかありました。ところが驚いたのは、後日の採決ではその議案を含めすべて賛成したのです。

 私は、実現したい、いま実現できなくても次につなげたいと考え質問してきました。
教育委員会へは、入学後の6月に支給されている就学援助の入学準備金を、実態に合わせ入入学前に支給すべきと求めました。「所得証明書が5月に発行される。公平性が確保できない。」ことを理由に出来ないとの答弁でしたが、小学6年生とその学年が中学1年になった時の就学援助の利用数と利用率はほぼ横ばいであることを示し「中学1年の6月ではなく、小学6年の3月支給にして、他市への急な引っ越しの場合は返してもらう条件をつければ出来る」と再質問をすると「公平性の課題は残る」と言うにとどまりました。 共産党市議団は、改善を求め質問し対案を示して、改善がなければ反対しました。政治姿勢がハッキリわかった予算委員会となりました。


<東区民報 かけある記より>